教えて直樹せんせい 育児情報誌ママパパ

ゲームの依存症(2022年9月・10月号掲載)

「暑い」「熱い」夏休みが終わりましたね。きょうだい喧嘩や夏休みの宿題などストレスで熱くなってしまい、やや反省気味のママ。子どもと一緒に過ごす時間が増えて「うちの子大丈夫かな?」とちょっと不安なパパ。この時期、編集部に寄せられる悩みの中で、目立つのがゲームやネットについての悩みです。そこで、今回は、様々な依存症のカウンセリングを専門としている公認心理師・臨床心理士の吉田直樹先生に聞いてみました。皆さん参考にしてくださいね。

世界保健機関(WHO)は、「ICD-11」において、「Gaming disorder(ゲーム障害)」を新たに分類項目として明記しました。ゲーム依存症は、小・中・高、大学生にもっとも多く認められ、その数は増加の一途で、家庭や医療など包括的な対策が必要になっています。第一回目は、ゲームの依存症の基本的な質問に答えていきます。

小学生の長男は暇さえあればゲームをしています。ゲーム依存かな?と思ったりするのですが、これは病気なのでしょうか?

ゲームをプレイして、ワクワク、ドキドキするのが悪いとか病気というわけではありません。ただ、ゲームの依存症になると、そこには脳内の機能変化が関係していることが問題となります。具体的には、ゲームを繰り返して行うと、子どもの脳は絶えず刺激されます。しかし、しだいにゲームの刺激に慣れが生じるので、この反応は下がっていきます。もし、子どもがゲームに依存していると、この反応の低下を補うために、ゲームにドンドン拍車がかかります。また、自分の行動をコントロールするような脳の働きも低下していると、ブレーキが利かなくなり、どんなことをしてでもゲームをするようになるのです。このようにゲームの依存症は、単なるゲームのし過ぎではなく、脳の働きに変化を伴う依存という病気です。

中学生の次女ですが、オンラインでいろいろな人とゲームをしています。テスト前でも、関係なくゲームをして勉強しないので困っています。ゲームの依存症なのでしょうか?

自分の子どもがゲームの依存症なのかどうか?保護者として心配ですね。まず、「ゲームの依存症なのか?」それとも「ゲームの過剰使用なのか?」2つに分けて考えましょう。「ゲームの過剰使用」と「ゲームによる明らかな問題」との両方がある場合、「ゲームの依存症」が疑われます。一方、ゲームの時間は長いが、それによる明確な問題が起きていない場合には、「ゲームの過剰使用」ということになるのです。したがって、このお子さんの場合は、ゲームをして勉強しないことを保護者が心配しているくらいであれば「ゲームの過剰使用」、ゲームで成績が低下していれば「ゲームの依存症」となるのです。

小学校低学年の次男のことですが、今まで、ミニカーに夢中になったり、ブロックに没頭したり、何かにはまる性格のようです。今はまだ、ゲームはボチボチなのですが、今後、依存するのではないか心配です。親が気づくポイントなどがあるのでしょうか?

小学生の低学年のような年少者のほうが、依存の進行が早い傾向があります。子ども自身は予防ができないので、保護者の気づきが大切になります。早期のゲーム依存の症状は以下の通りです。必要な場合は、早期に依存を専門とする専門機関に相談することをお勧めします。

 

ゲームの依存症(2022年9月・10月号掲載)

「暑い」「熱い」夏休みが終わりましたね。きょうだい喧嘩や夏休みの宿題などストレスで熱くなってしまい、やや反省気味のママ。子どもと一緒に過ごす時間が増えて「うちの子大丈夫かな?」とちょっと不安なパパ。この時期、編集部に寄せられる悩みの中で、目立つのがゲームやネットについての悩みです。そこで、今回は、様々な依存症のカウンセリングを専門としている公認心理師・臨床心理士の吉田直樹先生に聞いてみました。皆さん参考にしてくださいね。 世界保健機関(WHO)は、「ICD-11」において、「Gaming disorder ...

ReadMore

不登校について(2021年9月・10月号掲載)

夏休みも終わり、園や学校での生活がやっとスムーズに回りだした頃でしょうか?この時期には、登園や登校渋り、不登校についての相談が、ママパパ編集部にも数多く寄せられます。そこで、のべ約400校の小・中学校でスクールカウンセラーを務めた経験を持つ公認心理師・臨床心理士の吉田直樹先生に、不登校についての質問に答えてもらいました。皆さん、参考にしてくださいね。 9月は不登校になりやすいと聞いたのですが、本当でしょうか? 1年のサイクルで考えると5月に続き、不登校の件数が増加するのが9月になります。夏休みからの切り替 ...

ReadMore

発達障害のQ&A(2022年7月・8月号WEB版掲載)

園や学校では新学期がスタートして3カ月が経とうとしています。皆さんアッという間に夏休みがやってきますね。この時期は、4月、5月のバタバタ忙しい時には見えていなかったことが見えてきたり、参観日や行事を通して気づいたり、園や学校から子どもの問題を指摘されたりすることが多いようです。そこで、今回は読者の皆さんから寄せられた質問に、こころの問題や発達障害などに医療機関で20年以上関わっている公認心理師・臨床心理士の吉田先生に答えてもらいました。皆さん参考にしてください。 1年生の時に医療機関でADHD(注意欠如多 ...

ReadMore

子どもの生活リズム(2022年5月・6月号掲載)

今年度、長男が小学校に入学しました。新しい環境でストレスもあると考えて、週末は家族で出かけるようにしています。土・日は思いっきり遊んで楽しそうなのですが、月曜日や火曜日はぐったりしています。何か原因があるのでしょうか? 楽しいこともやりすぎには注意 幼稚園や保育園から小学校に就学するときには、大きな環境の変化を伴うので子どもはストレスを感じます。確かに、週末に家族で楽しむのはいいストレス発散方法なのですが、子どもの心や身体がついていかないのかもしれません。平日、慣れない環境で、ジェットコースターに乗ってる ...

ReadMore

「すべき思考」からの解放 (2022年3月・4月号掲載)

新しい年度を迎え、入学入園、新学期への対応、自分の再就職や転勤など、ママやパパにはバタバタ忙しい時期ですね。ママパパ編集部には「家に帰ってからちょっと座る時間もない!」など様々な子育ての悩みが寄せられます。そこで、今回は、このような多忙な時期に、ちょっとでもゆっくりできるコツとともに、スクールカウンセラーとして20年のキャリアを持つ公認心理師・臨床心理士の吉田直樹先生に聞いてみました。 長女の小学校の入学を控えています。子どもも私も、何か落ち着かず、お互いにソワソワしています。どうしたらいいのでしょうか? ...

ReadMore

ご協力ありがとうございます♪

1

ママパパおすすめ保育園&認定こども園 佐世保市のホームページ 「佐世保市特定教育・保育施設等の利用基準」について 幼児教育・保育の無償化について 認定こども園、保育所の利用手続について 佐世保市幼稚園 ...

2

子どもたちがのびのび育ち、家族がわくわくする自然素材の優しい木の家を、子育て中の目線で、山本さんが一緒になって親身になって考えてくれます。一度相談されてみませんか? DATA ■ヤマモトケンチクコウボ ...

3

おしゃれがたくさんつまっている「シュエット」。キッズルーム・ファミリールームも完備。素敵な空間のzakka&caféMIMI(ミミ)とネイルスペース44nail(シヨネイル)も併設。かわいい雑 ...

4

2か月に1回、ママパパとコラボイベントを開催しています♪子どもの習いごと、学費、お小遣いなどなど、子どもとお金の問題は、切っても切り離せない関係ですね。気軽にみんなで話しながら、わからないところはファ ...

-教えて直樹せんせい, 育児情報誌ママパパ
-,