医療

新型コロナウイルス感染症についてはこちらのページを見てね♪


■市立救急診療所ってなあに?

佐世保市の市役所の横の高砂駐車場の横にある建物が救急診療所です。【詳しくはこちらのママパパページを見てね】


小児救急電話相談「#8000」ってなあに?

短縮電話番号『#8000』をプッシュすると、経験豊富な看護師や必要に応じて小児科医から、症状に応じた対処方法や医療機関受診の必要性について、適切なアドバイスを受けることができます。お子さんの夜間の急な病気やケガでご心配なとき、病院を受診すべきかどうか迷ったときなど、ご利用ください。
【対応日&時間】毎日18:00~翌朝8:00 日曜祝日は24時間OK  【利用方法】一般電話のプッシュ回線、携帯電話、公衆電話からは、『#8000』(短縮電話番号)へ※ダイヤル回線や一部の地域(松浦市鷹島町・福島町)の方は、『095-822-3308』へ 【対象者】長崎県内に住む15歳未満の子どもおよびその保護者等


病児保育室ってなあに?

小児科に併設されていて、子ども(小6まで)が、病気中または病気の回復期に、保護者が仕事の場合、安心して預けることができるのが「病児保育室」です。要事前登録。1日1回¥2,000(減額制度あり)
【対象】①保育所、幼稚園等に通園している児童 ②小学校6年生までの児童 ③家庭の事情により利用を希望する児童【詳しくはこちらのママパパページを見てね】


■乳幼児福祉医療制度ってなあに?

乳幼児(0才~小学校入学前)の子どもが病院や薬局にかかった時に、支払った医療費の一部を助成する制度です。
【対象】
佐世保市に住民票があり、健康保険にご加入の0才~小学校入学前までの子ども【詳しくは佐世保市のホームページを見てね】


■小中学生福祉医療制度ってなあに?

小学生から中学生までのお子様が病院や薬局にかかった際に支払った医療費の一部を助成する制度です。 助成は平成28年8月診療分から対象となります。
【対象】佐世保市に住民票があり、健康保険にご加入の小学生から中学生(満15才になった以後の最初の3月31日)【詳しくは佐世保市のホームページを見てね】

 

© 2021 Mama&Papa All rights reserved. Powered by AFFINGER5